May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

食道がんの克服ー紛れもなく存在していたAST気功の威力

喉への違和感〜食道がんの宣告

50代も後半に差し掛かったのある日、私は少し喉に違和感を覚えるようになりました。
更に数年過ぎた頃、今度はお蕎麦や、御飯が頻繁に喉に引っかかるようになったので、自分は健康体だと信じ込んでいた私も流石に心配になり、病院で検査を受けたのです。

そして、そこで私が受けたのは・・・

「食道がん」の宣告でした。

呆然とする私に、先生は非常に冷静な声で「これから、更に細かく検査をして、さしずめ、手術が可能かどうかを判断してからこれからの治療方向考えましょう」と仰ったのです。
しかし、その後の検査結果も手術可能ではあるが、症状は、かなり進んでいて腫瘍が食道の回りに深く入り込んでいるので、8時間から9時間のかなり大変な手術になると伝えられました・・・。

不安な日々〜AST気功との出会い 

とても不安な日々を送る私でしたが、そんな私を案じた長男が別の治療方はないかと、色々と探しながらたどり着いのが「AST気功」だったのです。

私は、せめて手術の前に、癌が少しでも小さく出来ないかと、藁をも掴む心境でATS気功の門を叩いたのです。
場所は大崎駅から歩いて10分程のマンションの一室。畳30畳程の綺麗で大きな広間にはじゅうたんが敷き詰めてあり、その上に治療用ベツ トが、5・6台置かれ、患者さんの身体に手を滑らせながら、治療している気功の先生が数人いました。

そこは病院という感じではなく、柔道の練習や気功道場の様な、張り詰めた空気感からも程遠い、静かなBGMが流れている゛癒やしの空間゛でした。

初めに、私の病状(資料)を説明しながらカウンセリングを受け、数週間後に手術がある事も伝えました。
チーフらしき先生から、がんや難病を特に担当する先生を紹介され、早速、ATS気功を受ける事になったのです。

私はベルトを外して、ベッドに上向きに寝るだけでした。

先生の、「楽に寝てい下さい」の声で、直ぐにスタートです。一枚の布が頭に被され、先生の手が、頭から胸へ、そしてお腹へ、上下左右に、まるで身体をスキャンするかように、ゆっくりゆっくり動き初めたのです。

そして、食道の辺りに来た時、先生の手が今までより大きく揺れ、その部分の悪い物を、削り取っているかの様な仕草でした。
ベッドの下に置いてあるゴミバケツの中に、その削りとったものを捨てていく行為を繰り返している様子が見えました。(後で聞くと、悪い気を取って、そこに極力細かい良い気を送り、身体を修正、治療していく行為との事) 

ただ正直、一度の治療では100%信ずる事が出来なかったのですが、担当の気功の先生とは波長が合ったので。とにかく通い続ける事にしました。

そして、手術がいよいよ近づいて来た頃、私を゛検体治療゛として、何人もの気功の先生が私を囲み、一気に強いパワーを送って、腫瘍を刻み込み、小さくすることで手術が少しでもスムーズに行くように、との思いで、気功の施術が始まったのです。
初めのうちは何も感じなかったのですが、何度か、気功を受けた時は、ハッキリと、身体が軽くなるのを感じ、頭もスッキリするようになったのです。
毎回、受ける前と後では、かなりプラス思考が 強くなり、今、自分が゛癌 ゛で、近いうちに、大きな手術がある・・という不安から解放されていました。この身体のリラックス感も(リラックス感を作ってくれるのも、ATS気功の特長です)免疫を高める上では、良かったと思っています。

又、AST気功では、施術の前に、病院での検査リストを参考に、進めてくれるのです。病院治療と気功治療の、良い所をプラスして診断して行くので、安心感がありました。

手術直前〜ドクターから信じられない言葉 

さて、話しは、手術をする前に戻ります。

病院での出来事です。 MRIからCT検査等が全て済み、最終レントゲン検査も終わった手術の一週間前・・・
数人の先生達が、レントゲン写真に見入りながら、私に、不思議な事を云いました・・・。

「何処かで、胃の辺りを手術しましたか?」

私は驚いて、「ここで手術を御願いするのに、他で何かをやってきたなんて、あるわけないでしょう!」と、驚いた分、少し強い口調で、言い返してしまったほどです。 

「何かあったんですか?前より悪くなってますか?」と問うと、先生達の応えは、耳を疑うものでした。 

「実は胃の辺りから食道にかけて、切り刻んだ様な痕が見られるんです!」

切り刻んだ様な痕???!!!一瞬驚きましたが、なるほど・・私には思い当たる節がありました・・・。

その後、先生達は何やら話し込んでいましたが、結局予定通りに手術は行われることになりました。


それでも私は、その後の療養生活の間もATS気功を受け続けました。そして無事に5年目を迎えた時、お医者さんからも全てOKの診断。「食べ物も、好きな物を食べてください。問題無いでしょう!ただし、ストレスを溜めすぎるのと、暴飲暴食には気をつけてくださいね」と笑顔で話してくれました。

担当医には、学会に発表したい位見事な復活ですと、言われました。

現在は、テニスの試合も出場出来る様になり、今年の夏で10年を迎える事が出来ました。(2015年現在)

全快〜紛れもなく存在したAST気功 

ところで、先程のレントゲン写真の、胃の辺りの謎の引っ掻きキズの件ですが、これは、検体集中気功が身体の中に入った跡だと私は確信しています。

AST気功は確かに、エイ!ヤァ!で、癌が突然消えるような技ではありませんが、目に見えないAST気功は、まぎれもなく、存在し、お医者さんの前にも、ハッキリ出現したのです。 

癌を宣告された時は、誰でも、゛人生の終わり゛を、目の前に突きつけられます。

しかし、私が今、こうやって元気な生活を送れるのは西洋医学と東洋医学の共存を提唱するATS気功のお陰だと思い、体験した、ひとつの゛大きな実証を゛紹介させて頂きました。 何かと悩んでいる方が、一人でも、普通の生活を、再び、感じられる事が出来ればと思っております。この文章が、何かのヒントになって頂くと幸いです。

失明の危機を脱しました-緑内障への気功による治療-

男性・36歳・病院勤務・福島県在住


10年前に緑内障と診断され、視神経乳頭の一部が潰れて視野欠損を起こし当時眼圧は右26左27と高い数字でした。

その後現在に至るまで勤務先の総合病院内眼科で処方されてきた薬で眼圧コントロールは何とかできていました。しかしここに来て突然まったく薬が効かなくなりこのまま眼圧が上がり続けると視神経乳頭の損傷が大きくなり失明の恐れが出てきました。そこで眼科の先生に何度も相談したのですが今の薬が効かなければ、あなたの眼圧を下げる薬は他にはもう無いと言われ、また、これ以上眼圧が上がり続けるようであれば大学病院で手術を受けることを勧められてしまいました。その時の眼圧は右32左17。バランスも大きく崩れ始めていました。


そこで何とかしなくてはと「藁をも掴む思い」でインターネットで探しているうち、現代医学と気功をベースにしたAST気功の、ASTすだ気功院のホームページに当たり須田先生を知りました。


早速地元にある治療所の治療日に予約を取り治療を開始 1回目の治療後、眼球の硬さに大きな変化があることを実感できたので直ぐに眼科で検査したところ眼圧が右16左17と左右差が無くなり、あっさりと正常値範囲に治まりました。この時ばかりはAST気功のすばらしさに驚かされました。その後数字は多少上下しながらも4ヶ月間で7回の治療を受け両眼とも眼圧が正常値内で安定した状態が続き、安堵感の中で生活を送ることが出来ました。今後は緑内障そのものを根気よくこのAST気功で治していきたいと望んでおります。取りあえずは失明の危機は去ったことに深く感謝しております。

発育遅延・アレルギー性障害・アトピー性皮膚炎への治療

女の子・1歳・幼児・東京都在住


1歳半の下の子は体の成長遅れ・アトピー・牛乳と卵に強いアレルギーがあり、当時病院で治療を受け始めました。
体の成長については、1歳になっても体重7キロ未満で6ヶ月の頃からほとんど増えていなかったため、成長ホルモン検査をうけたり、MRI検査を受けたりしました。また、髪の毛も薄くいのが気になっていましたが、結果は異常なしでホッとしました。


しかし他の子よりかなり小さく、ASTの治療をお願いしました。また、治療と並行して、私自身がこどもを治療できるとよいのでは?とお話をいただき、こんな自分に治療ができるようになるのかと半信半疑でしたが、我が子のためと思い、講習を受け始めました。治療を始めてから少しずつ体重が増え、今は7.5キロになりました。まだまだ標準には届きませんが、薄かった髪の毛は一気に増えて全然気にならなくなったので、このまま治療を続けて成長を促したいと思っています。


講習を受け始めて驚いたのは、初めてこどもが急にゼイゼイ呼吸を始め、咳き込んで苦しそうになったので、焦りながらも講習で習ったように治療をしてみた時のことです。 病院で診察を受ける直前まで30分ほど治療を試みました。すると、ほとんどゼイゼイがなくなったのです!診察でも特に問題ないと言われました。 私自身、本当に驚きました。 翌日も朝同じように咳とゼイゼイが始まったので、また治療し、また30分ほどで普通の状態に戻りました。
結局、病院で処方された薬には一度も手を出さずに済み、ASTのパワーに感謝しています。 これからもASTに力をいただいていこうと思っています。

不妊治療・・・18年目の奇跡

女性・43歳・主婦・山形県在住


私は結婚して18年、でそれまで何ヶ所ものクリニックで10回以上も体外受精を受けては失敗を繰り返していました。


不妊治療で凍結していた受精卵があったのですが、子宮内膜が厚くならず、戻せないままになっていました。漢方薬を飲んだり、針治療に通ったりしたこともありましたが、もう子宮内膜の状態が改善しなくても戻して終わりにするしかありませんでした。 そんな時に不妊サイトに妊娠報告に気功治療を受けたのもよかったかもと書いてあったのをもつけました。いくつかあった気功治療の中で須田先生のホームページを見て【医学的に説明】してあるのはここだけと主人の意見もあり、AST気功に行くことに決めました。


須田先生に治療を始めて受けた時、頭から気が入ると頭が重くなりびっくりしました。帰りのバスの中で子宮の辺りが重苦しくなり、パワーを感じました。
須田先生は何度目かの治療中に千葉県で指圧治療を受けてたくさんの女性が妊娠したと話してくださいました。今回で不妊治療も終わりと切羽詰っていた私は須田先生に千葉に行ってみたいとお願いしました。 そこが千葉の女性専門指圧治療院(現ASTメイプルハンズ気功院)で今度は福島で気功治療と千葉で指圧治療を毎週交互に受け始めました。メイプル気功院の入江先生は私が治療を急がなくてはならないことを理解してくださり、治療時間を取ってくださいました。指圧の他にも家で出来る様々な体質改善の方法を指導していただき、その研究熱心さに驚きました。これで多くの方が妊娠しているんだと理解できました。入江先生の治療院は治療に来ている方も暖かく感じられ、行くだけでも癒されました。だから通い続けられたと思います。


10月になると須田先生の治療での頭が重くなることはなくなりました。それに四十肩の治療を両先生からしていただくことが出来だいぶ楽になっていました。 11月に受精卵を戻す際にも子宮内膜は5ミリ程しかなくほとんどあきらめていました。しかし、結果はプラスになり、本当に信じられませんでした。喜びよりも驚きのほうが大きかったように思います。
妊娠してからは順調でしたが、9ヶ月目に入り妊娠中毒症と言われ入院しました。その後症状が急激に悪化し、高血圧症、子宮内胎児発育遅延そして胎児仮死状態となったため、33週で緊急に帝王切開で出産しました。しかし私はその直後から意識不明となり、HELLP症候群と診断され、子癇発作、腎不全で人工透析、脳浮腫による脳梗塞状態に陥り呼吸不全で人口呼吸管理となってしまいました。その間、須田先生、入江先生、そして山形の柴崎先生をはじめ多くの先生方に遠隔治療をしていただき、1週間後には意識が戻りました。さらに1ヵ月後には何の後遺症も無く親子で無事退院することが出来ました。担当の医師には不思議なぐらいに検査結果はすべて正常範囲に回復していると言われました。
この7月で子供も2歳になりました。いろいろな言葉も出始め、活発に走り回っています。


私も以前にも増して元気に親子で育児サークルに通う毎日を送っています。先生たちと出会えたことはとても幸運だったと思います。本当にありがとうございました。

シェーグレン症候群と、その合併症リンパ腫への気功治療

私は若くして結核を患いこの地に引っ越して来たのも療養のためでした。その後順調に治 癒に至り平穏な日々もつかの間、今度はシェーグレン症候群と言う難病になりました。

その後10年以上も、症状が強く出る度に通常の生活はまったく営めず希望を失いその度に人生を投げ出したくなる心境に陥りました。 自宅に食事の供給で出入りする方からAST気功治療を勧めて頂き、症状が少しでも楽になればという気持ちで受けて見ました。


初めの治療終了直後はふらふら感と冷や汗で暫く立ち上がれませんでした。「好転反応が強く出たのでしょう」と言われましたが15分後には何とか歩けるようになりました。翌日には気分も良好に改善していることを実感できました。以後この治療後の好転反応の出方が軽くなるに連れ、たくさんあった症状も徐々に緩和し楽になっている自分に気付きました。


私が一番望んでいたことは唾液が出ることと高熱が治まることでしたが、それも今はすっかり改善され症状はありません。


また自律神経の症状もほとんど無く、プレドニン薬を含むたくさんあった薬はまったく飲んでおりません。 通院しているKK医療センターの主治医は初めの頃「この病気は早々簡単に治るものではない、症状の緩和は一時的なことでしょう」と言っていましたが、自己抗体反応の数値が20000以上あったものが1280まで下がっている結果をみた医師は、「このシェーグレン症候群で自己抗体反応がこの僅かな期間に下がることは有り得ない」と驚きを隠せない様子でした。


私も正直なところこの気功治療でここまで治るとは思ってはおりませんでした。まだ難病が完全に治ったわけではないのですが、長年あった辛い症状が現在はまったく無く生活できることの幸せを日々感じております。
このAST気功の中でもAST遺伝子治療を受けると決まって治療開始頃にあった強い好転反応が現れます。その辛さは一晩だけ我慢すれば朝にはスッキリします。この難病の数値が正常値になるまではこの治療を続けていくつもりです。 またこのAST気功治療を紹介してくれた方には心から感謝しております。 

森の杜、仙台も日に日に秋の気配が深まりつつあります。

「下駄の音、路地裏通り、雨上がりの屋根、窓ごしの手まり唄、おさげ髪の思い出」…

これは、シンガーソングライター、高石ともやの京都を唄った「街」という詩も曲もとても素敵な唄です。
この歌を聴くと、私はどういう訳か仙台の街をイメージしてしまうのです。

私にとって、仙台はそれほど街の風情も、住んでいる人たちも、その人情も、すべてが濃いのです。

そんな大好きな街仙台で、ASTさわやか気功院を開院し、院内施療はもとより出張施療等精力的に活動しています。

H.Pにも記載のとおり、AST気功は「進行停止、良好効果、早期完治」を目的とした素晴らしい施療技術です。

この仙台で、もっともっと多くの人たちにAST気功の良さを知っていただくべく、努力したいと思っています。
皆さんも、どうぞお気軽に声をかけてください。

<P.S>
我が東北楽天の結果は、今さら言うまでもありません。
去年の出来事が、本当に夢のようです。
しかし、しかし、我々はくじけないのです。また1から頑張れば良いのです。
星野前監督に心から感謝しつつ、来年に大いに期待しましょう!!

ウェブサイトオープン

札幌分院のウェブサイトがオープン致しました!

皆様に使いやすく、為になるサイト作りを目指してまいります。

札幌分院を開院いたしました!

札幌の皆様、そして北海道のみなさま始めまして、ASTすだ気功院の「須田」と申します!

関東・東北と展開をすすめておりました「すだ気功院」ですがこの度「札幌分院」を開院する事となりました。

皆様の健康のために「気功」が是非とも、お役に立つために頑張って参ります!

テスト投稿

テスト投稿です
12345>|next>>
pagetop