May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ほんの一瞬の知り合い

外は寒いのですが、少し混雑した電車内は暑いと思いません?

そんな時私は車両連結部のドアのない所に行きますが、ちょっとした隙間風が心地よいのです。
つい先日もその場所を確保し、私の背向かいにはサラリーマンらしき方がいました。
暫くするとドアのある後方車両から若い女性が人をかき分けながら、凄い勢いで私とサラリーマンのいる方へ来てドアを開け手すりにつかまるやいなや大きくため息つき、ガクッとうなだれてしまいました!

「え〜っ!何・何?」

私が、サラリーマンの方に「気分悪いのですかね!?」
するとサラリーマンの方が「多分そうかも!」「連絡した方が良さそうかもしれないね」等と、知らない同士が会話をしていたらその女性が、ガバッと立ち上がり又大きくため息をつき何事もなかった様に悠々と、元の車両に戻って行きました。私達二人は顔を見合わせて「なんだったのですかね?」と苦笑い。

確かに暑い車内だと気分悪くなったり、ずっと立ちっぱなしの時に貧血を起こしたりする場合も…常日頃から体力をつけていた方が良いですね!

その点、AST気功には筋力アップ・血流アップ等いろいろな治療方法があり、強い見方です!
あっ!そうそう、電車内で会話したサラリーマンの方ですが、私の方が先に降りましたが降りる際に軽く会釈すると、「ヨッ!」と右手を上げ返事をくださり、なんだか心がホッコリした感じがしました。

メニエル病と診断されて・・・第二話

メニエール病の原因はストレスも大きく関わっていると言われています。

第一話で登場したB子さんも日常のストレスが溜まっているのに加えメニエールと言われてしまい、これも又ストレスとなってしまいました。
翌日から治療を開始しました。

やはり神経がピリピリと張りつめた感じがしました。
B子さん、始めて受ける気功治療でしたが治療後の感想は「なんとなく、スッキリした感じ」これから暫く治療続行です!頑張ります

メニエール病と診断されて・・・第一話

最近、B子さんに会ってないけどどうしているかな?


・・・と、思っていたら気持ちが通じたのか、B子さんから電話が入りました。


・・・が、何か変!声に元気がない。


とりあえず会って話しを聞く事になりました。
何でも、就寝時にぐるぐると目眩が酷く心臓もドキドキして睡眠がとれない状態が続くため、耳鼻科の病院に行きメニエール病と診断されたそうです。精神的に落ち込み、外出する気になれず人に会うのもいやだったそうですが、やっとの思いで私に電話をくれたと言う事です。


考えてみるとB子さんも更年期年齢なので・・・


そこで、AST治療の出番となりました!!
かなりストレスが溜まっているのでまず、彼女の話しをじっくり聞く事から始めました。処方されている薬もなるべく早く止めたいし、メニエールと言われた時のショック等々、とにかく元気になりたい(誰もが願う事ですね)早速、翌日から治療を開始しました。



この後は次回に続きます

更年期は、お友達!?

先日、お友達数人と久しぶりにお茶しました。皆さんほぼ同年代なので、口からでる言葉は「最近、膝が痛む」「目眩が酷く外出するのが不安」「カーッと熱くなり汗がでる」等々、それぞれ症状が違うもののいわゆる更年期の真っ直中なのです。
中には、病院の薬を服用しても一向に改善されない…と嘆いている方も!話しを聞いていると皆さん、相当ストレスが溜まってますねぇ!そんな方にお教えしましょうAST気功があるという事を!!

ミュールを履いて、転けちゃいました

私の友人A子さんから、久しぶりに電話が入り「会えばわかるので、治療してほしい」との事でした。

会えばわかるって何??私の頭の中は?マークだらけ。
翌日、A子さんを見た瞬間あちゃー!彼女の額から鼻、顎まで赤く擦りむけ状態で両膝は包帯をぐるぐる巻きに、目が点に!!どうして?彼女曰わく、若い子が履くミュール(オバサンはサンダル又はツッカケとも言う)を履いてみたく購入し、そこまでは良かったのですが…

ある日発車寸前のバスに乗る為、走って転んだそうで両手には荷物を持っていて(離せば良かったのに)手も足も出ず、まともに顔面と膝を打ってしまった。
当然、全身の筋力が落ちているし、何よりも彼女自身の気持ちが落ち込んでしまいました。

しかしながら、このASTには、筋力をUPさせる施術がありますので勿論A子さんの顔面、全身筋力UPと精神面の治療を施しました。

体が軽くなってスッキリしたと言って帰りました。皆さんもくれぐれも転ばない様気をつけてください!

先生って病院行く事あるんですか?

 という質問を時折患者さんから受けることがあります。

ここ数年は行っていませんが当然あります。どんな時に行くかについて整理してみると・・・・・四つのKでまとめられました。

4K
・「緊急」・・・・・要は「担ぎ込まれる」みたいなケースです。一刻を争うときはとりあえず救急車です。落ち着いたら自分で頑張ります。
・「検査」・・・・・我々は医師法の関係で診断が出来ないので、検査するときは当然行きます。
結果がわかったらそれに基づいて自分で頑張ります。
・「菌・ウィルス」・・・・・・出来ないことはないと思うのですが、やはりまずは病院でしょう。治りを早くするためには自分で頑張ります。
・「怪我」・・・・・・骨折したり、怪我したりしたら痛くて自己治療どころではありません。尤も、治りを早くするためには自分で頑張ります。

まあ、結局は自分で頑張るのですが・・・・・

あとは、何かあったらどしどし追加してくださいませ。


スリムマン

ダイエットの気功施療

「 気功でダイエットできますか?」と聞かれる事があるのですが、「い、一応あります」と自信無げに答えています。

方法は、胃を引き締める事によって、少ない食事量で満腹感が得られるようにするのですが、自分でやってみるとこの気功は疲れないのですがなぜかお腹がすくし、施療している側も健康になるので消化吸収も良くなっており、なし崩し的にまた広がって・・・・・・・を繰り返してしまいます。説得力ゼロです。

何でこんなことを書いているかと言うと、先日野田氏が首相に就任しましたが、プロフィールを見てみると身長と体重がともに私と同じ。「げ、傍目にはあんな感じなのか」と動揺しまして、〇〇回目のチャレンジが、始まることになります。

スリムマン

仕事帰りに・・・・

 横浜気功院での仕事を終え、時間があるときは横浜駅まで運動がてら30分ほどかけてブラブラ歩いて帰ります。

心地よい疲れをクールダウンしているとそこにいつも立ちはだかる「詰め将棋」。

帰り道の途中に「創作駒センター」なる建物があり、その看板にはいつも詰め将棋が掲載されています。

とりあえずメモして「ああでもないこうでもない」と頭をひねりながらそこから先は歩くことになるのですが、殆ど詰めた試しがありません。

「げ、また新作に変ってるっ」今日の帰り道も頭が煮詰まりそうです。

スリムマン

お出迎え

横浜分院は、相鉄の西横浜駅から徒歩数分のところにあります。横浜駅からも30分ほどでいけますので、気候の良いときや時間に余裕のあるときは歩くこともあるのですが、大抵は西横浜駅を利用します。

西横浜駅を出ると右手に花屋があり、そこで「ゴリラ」がお出迎えしてくれます。

「何でこんなところに」とか思わないでもないのですが、最近では見る度に「さぁ、仕事だぁ」と気持ちの引き締まる思いがしてきます。

慣れとは恐ろしいものです。

スリムマン

AST気功師紹介シリーズ 第2弾

 はっちゃん先生が行く


彼女がいると場の雰囲気がほのぼのとする。

すごく思いやりのある人なのです。

我々気功師仲間がお腹が空いてないか、いつも気にしてくれるのです。

施術が終わった後に、たびたびパンやお菓子をお茶と一緒に用意してくれます。

とってもいい人なのです。


もちろん患者さんに対しても親切なので患者さんも喜んでいます。


そして、とってもきれい好きです。

彼女のおかげで東京本院と横浜分院がきれいに保たれています。


彼女は仕事が終わって帰宅が夜の12時近くになることもしばしば。

家路に就く途中のラーメン屋さんで一杯食べるのが至福の時だそうです。

多分、ラーメン屋さんの赤ちょうちんに吸い込まれるように入ってしまうのでしょう。

晩御飯はしっかり食べているのに、この一杯はやめられないそうです。

気功師仲間に 「寝る前にラーメンなんか食べたら太るよ!メタボに気をつけてよ」

と言われると、すかさず 「でも、スープは飲まないから・・・」 といって

全く気にしてません。このおおらかさがみんな好きなのです。

「病は気から」、「肥満も気から」 気にしなければ、どおってことないのですね。


これからも患者さんや気功師仲間を癒してください。

チャイナドレスがとっても良く似合う、浜っ子のはっちゃん先生でした。



ケセラセラ

123>|next>>
pagetop