October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

二年越しの大掃除

23年の12月に右手首を骨折して掃除など何も出来ないで過ぎ、24年の年末大掃除しながら二年分の掃除が出来る事に加え、健康で動ける事が本当に幸せだと思いました

船橋分院に来られた人に元気と来て良かったと思って頂ける治療により一層心掛けよう!
仕事部屋にも感謝の気持ち、新年に期待し思いを馳せてながら年末掃除しました

嬉しいお言葉

1歳児の赤ちゃんに睾丸の異常が診られ、手術が必要と言われたお母さんから気功治療の相談を受けました。
一ヶ月ほど毎日、遠隔治療という方法で治療をしたところ手術、をしなくても良い状態まで良くなったという報告を頂きました。

「手術となると麻酔をするでしょうし、果たして一歳児にする麻酔のリスクはいかほどなものなのか・・・・」と心配されていましたが、そういうリスクも回避出来て本当に良かったと喜んでいました。

AST気功は副作用が無いとても安全な療法です。
私も自信を持って言い切れる、またひとつ積み重なった経験のお話です。

慣れは怖い

有料老人ホームにいた母が亡くなる時に施設の対応に納得出来ず、今後の為に私の感じた事が起こらない様にと頼んだところ施設長は管理上出来ないと言い切られ虚しさだけが残りました

どんな時にも心がない対応をしては成らない

私の治療師の仕事にも慣れて心を無くしては為らないと痛感しました‼

秋になると・・・

この季節は夏のエアコンで体を冷やしていたため腰痛の治療で来院が多いです

治療は体全体の解しをしてから血流、筋力アップ全身のバランスを整える等を施します。
患者さんから「楽になりました。「お風呂上がりの様にポカポカです。」

と言われたりすると嬉しいです

だってそれは効いている証ですから

女性の悩みも気功で解決!

またまた患者さんからの嬉しい便りです。


恥ずかしい思いもあり、文章を書くのは少々ためらわれますが、私と同じ悩みを抱えていらっしゃる方のためになればと思い筆をとりました。

今年の2月頃、私は痔病に悩まされていました。
子どもと関わる仕事をしているのですが、子どもたちの前で大きな声で話をしたり、寒い屋外に何
時間も居たり、あわただしく動き回ったりという日々を過ごしていました。
気付かないうちにストレスになっていたのか、元来の冷え性もあり、ある朝目が覚めると痔病になっていました。

患部を指で触ると、親指の先程の大きさの固い突起物が外側まで飛び出し、とても痛み、出血もしていました。
市販の薬ではあまり効き目が無く、病院へ行かなくてはダメかなとも思っていましたが、行けば即「手術をしましょう!」と言われそうで二の足を踏んでいました。
痔病は手術をしても再発率が高いと聞いていたからです。

いろいろ悩んでいたところ、相談した友達に「知り合いに素晴らしい気功治療師がいる」と入江先生を紹介していただきました。
早速予約を取り、1時間30分の丁寧な治療を受けたのですが、終わった時には、まるでサウナから出てきた人の様にびっくりする程汗をかいていました。
身体全体も軽くなり、爽快感を味わうと同時に患部の痛みや突起物の違和感が全く無くなっていました。

「これなら大丈夫!」と、私はホッと胸をなでおろす様な心持ちで翌日病院へ行きました。
医師の診断はレベル1〜2程度という軽いもので、気功治療のおかげでかなりレベルが下がったのではと私はひそかに思っています。
突起物もすっかり小さくなっていて、「これは肛門の外に出ることはありませんね?」と医師から念を押された際には、「はい」としっかり答えることができました。

たった1回の治療でも、快方に向かう手応えを大きく感じることができたのは嬉しい驚きでした。継続すれば完治できそうです。

気功治療は私にとって頼もしい味方です。
ご尽力いただいた入江先生と、入江先生を紹介してくれた友人に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
先生、今後もよろしくお願いいたします。



アマリリス

AST気功師紹介シリーズ 第9弾

笑顔の達人アマリリス先生
 

今回ご紹介する気功師はアマリリス先生です。

AST気功師ネットワークの庶務を担当されています。

消耗品、備品の管理、その他様々な手配もされています。

小柄な彼女ですが大きな車で千葉と東京を行きされています。

いつもニコニコされているので彼女が来ると明るい雰囲気になります。


彼女は漬物名人です。

気功研修会の昼食時に、いつも彼女が漬けたぬか漬けが振る舞われます。

もう何十年もぬかを継ぎ足して使っているぬか床ですから、

他の人がまねしようと思っても、まねの出来ない味の深みがあります。

AST気功師や研修生の何人かは家でも彼女のぬか漬けを食べたくて、

ぬか床をいただいた人がいるそうです。

しかし、何人の人が今もそのぬか床を維持しているかは定かではありません。
(今度確認したいと思います。)

彼女のぬか床は我々AST気功師や研修生にとって、

老舗のうなぎ屋の秘伝のたれと同じような位置付けなのです。

彼女の家に何かあった時は、ぬか床を持って逃げると言う うわさがあります。


アマリリス先生、いつも笑顔とおいしいぬか漬けをありがとうございます。



ケセラセラ



追伸

このブログを読んでアマリリス先生のぬか漬けを食べたくなった人は、

気功研修会の見学にお越しください。

見学に来られた方にも、おいしいお弁当とぬか漬けが用意されております。

但し、気功に興味の無い方はご遠慮下さい。



こんにちは…赤ちゃん!

患者さんからの嬉しい便りです。


「お腹に赤ちゃんがいる」そうわかったときの喜びは、一生忘れないと思います。
入江先生の治療をずっと受け、お世話になっていました。結婚してからはすぐにでも子どもを、と望んでいました。しかし、なかなか巡り会えず…排卵日5日前後と生理予定日5日前後に治療をお願いし、31〜32日周期が、27〜28日周期に改善されていました。あとは体温があまり高くないので、体を外からも中からも温め、冷え性の改善を図ることが必要でした。必死に守って行動しましたが、一番私に必要だったのは、生活リズムを1から見直すことでした。出勤は朝早く、帰りは夜遅いため、睡眠時間が十分確保できない。また、夜遅い食事のため、体によくない。悪循環で朝ご飯がおいしく食べられない…
こんな生活環境では、絶対に赤ちゃんが育つわけがなかったのです。
少しずつ改善し、大切な命を授かりましたが、そのあとも自覚が足りなく…切迫流産の危機に陥りました。ところが、研修会場での出来事だったので、須田先生や入江先生に治療していただき、病院の指示に従いました。ただただお子の命を信じるばかり…
入院加療することとなり、退院後は自宅療養し、
AST治療のお世話になりました。今では仕事にも復帰し、お腹の子も順調に成長しています。7ヶ月になり、産休に入るのを心待ちにしているくらいです。
先生方に治療をお願いしながら、自己治療も並行して行い、出産へ向けて準備していきます。


アマリリス

素敵な出会い

 私の大好きな桜の季節も過ぎちょっと寂しさを感じていたこの頃
心がほわっとする出会いがありました。
 AST気功治療を始めてから色々な素的な出会いがありましたが、今回の出会いは
私が10年以上も通っている美容院でその方は毎週いらしていたらしいのですが
先日初めてお会いしました。
お年は81歳 いまのところご主人と2人暮らし、黄色のカーデガンがとてもよくお似合いで、
週に3〜4日習い事をして、お花も庭にいっぱい咲かせ、ここ数年足腰が弱くなったのでお風呂の中でストレッチをしているそうです。
穏やかにお話しするとても好感の持てる方で興味心もまだまだ盛んで気持ちの若さにびっくりしました。
こんな素的な出会いがもっとありますように私はその歳でも現役治療師でがんばるぞ と心で誓った出会いでした。


                                             花子

私の左足

治療受け1年3ヶ月先生方に、治療していただいているおかげで、切断と言われた足もビッコは引いていますが、車椅子や杖にサヨナラが言えました。病院では歩けないと言われた足が、まだまだ一緒に行動している人達には、迷惑をかけてますが、治療のおかげで歩いて大崎の研修会に出席できました。本当に嬉しいです私も頑張って先生方のような治療師目指し出直しです気功治療に出会え本当に心から感謝しています。これからもお世話になりながらご指導よろしくお願いします ひまわり

小学1年生の真珠腫性中耳炎に良好効果!

まず、真珠腫性中耳炎とは?

中耳炎とは中耳腔に起こる様々な障害によって生じる炎症の総称で、発症様式、あるいは病態によって細かく分類され、治療法もそれぞれ異なります。
しかし、いずれも中耳伝音障害を起こすために伝音難聴という難聴の原因になります。
ここでは、真珠腫(しんじゅしゅ)性中耳炎について述べます。

中耳腔内に角化上皮成分が入り込んでしまい、徐々に真珠腫が堆積(たいせき)することにより耳小骨、顔面神経管、骨迷路を破壊する難治性の中耳炎です。真珠腫は、その発生のメカニズムにより1次性、2次性に分類されますが、前者は鼓膜弛緩(しかん)部より鼓膜の上皮が上鼓室に入り込むために起こるもの、後者は鼓膜緊張部の鼓膜にあいた孔の縁から鼓膜上皮が中耳腔に入り込み真珠腫を形成するものです。
診断は鼓膜所見、聴力検査、レントゲン、CTに加え、MRIにより真珠腫の局在を確認します。


----Yahoo ヘルスケアより引用----

真珠腫性中耳炎で3年くらい耳鼻科に通院していたのだけれど、いよいよもって手術が必要となり、手術をしない治療方法はないかと捜し求め、私の治療所へたどり着いた小学校一年生の患者さんが居ます。
気功治療を受けて2ヶ月が経過したところで耳鼻科の先生に耳の中の景色変りましたね…!?
と言われたそうです。(滲出液が無くなり乾燥してきた状態
通院回数も減りました。
更に2ヶ月が経過したところで聴力がスッカリ戻り、私自身も嬉しく思いました。
もう片方の癒着が改善すれば完治の報告が出来ると思います。
この気功治療を仕事にさせて頂いてから患者さんやご家族の方と共に喜びや感動が共有出来ることに毎日感謝しております。
アマリリス
12>|next>>
pagetop