September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

こんにちは…赤ちゃん!

患者さんからの嬉しい便りです。


「お腹に赤ちゃんがいる」そうわかったときの喜びは、一生忘れないと思います。
入江先生の治療をずっと受け、お世話になっていました。結婚してからはすぐにでも子どもを、と望んでいました。しかし、なかなか巡り会えず…排卵日5日前後と生理予定日5日前後に治療をお願いし、31〜32日周期が、27〜28日周期に改善されていました。あとは体温があまり高くないので、体を外からも中からも温め、冷え性の改善を図ることが必要でした。必死に守って行動しましたが、一番私に必要だったのは、生活リズムを1から見直すことでした。出勤は朝早く、帰りは夜遅いため、睡眠時間が十分確保できない。また、夜遅い食事のため、体によくない。悪循環で朝ご飯がおいしく食べられない…
こんな生活環境では、絶対に赤ちゃんが育つわけがなかったのです。
少しずつ改善し、大切な命を授かりましたが、そのあとも自覚が足りなく…切迫流産の危機に陥りました。ところが、研修会場での出来事だったので、須田先生や入江先生に治療していただき、病院の指示に従いました。ただただお子の命を信じるばかり…
入院加療することとなり、退院後は自宅療養し、
AST治療のお世話になりました。今では仕事にも復帰し、お腹の子も順調に成長しています。7ヶ月になり、産休に入るのを心待ちにしているくらいです。
先生方に治療をお願いしながら、自己治療も並行して行い、出産へ向けて準備していきます。


アマリリス

スポンサーサイト

pagetop